愛車遍歴(3)

車というのは僕らの世代でいえば、人生で2番目の高価な買い物だと思います(1番目は家)*1。それでそういう大切な買い物でも完璧なものは結構ないんだなーというのが嫌々なんですが事実です。中身はよくわかりませんが、外見上の問題点は素人目にも指摘できます。家でいえば、壁紙というのはつなぎ目が正確に張られているのは結構少ないです。自分の家で1年目に補修はしてもらいましたが、日々つなぎ目の間が壁紙を張り替えて広がっていることが分かりました。ほかの家でもよーく見れば少なからず何らかの問題点が出てくるような気がします。トイレのフロアーシートの張替え時に床に段差があるのを発見しました。結局素人目には購入時にはわからないとこだらけなんですよね。

車も初めの2台まではよくわかりませんでした。当初運転していて事故れば自分の運転ミスと思っていましたが、車というものは車種による個性も、個体差もあるし、新車といえどもパネルによる面一(つらいち)がわずかながら歪んでいたりすることもある。先日ネットでも電気自動車を買った某評論家が「こういう点(面一や僅かなズレ)はまだ製造上の問題がある」と言っていた。しかし「CR-Xはケツが滑る」と思っていたら、先日某有名ドライバーが「ホイールベースが短くFFでケツが滑りやすいところ操作するのが魅力だ」みたいな話をしていた。うまく運転できなかっただけで、このショートホイールベースというのは一つの魅力であることは間違いなかったようだ。
もう一つの魅力であるサンルーフは外見上の魅力であり、特にルーフが外に出るというのが格好良かった。当時ユーノス ロードスターを見てから急にCR-Xの魅力が覚めていった。田舎の参道でロードスターの後ろにつけたところ、猛ダッシュロードスターが駆け出し、追尾した。直線路では追いつけるがカーブでは離される。それの繰り返しでFFではこういう局面では負けるんだなと思っていた。試乗の時も出だしはホンダだがカーブでのハンドリングはロードスターに分があると思っていた(どちらも1600㏄のDOHCエンジンで馬力も同じ120PHだった)。気持ちはFRでハンドリングがクイックな車に向いていった。

*1:結婚・子育てなどはモノではないので対象外とします

愛車遍歴(2)

現在の愛車はマツダロードスター(NC1)です。2007年生ですから7年落ちで買って、15年目になりますかね。前の鈴木カプチーノも22年乗っていましたので、僕にとっては決して古すぎる車ではありません。多少車のことも分かってきたのですが、運転の腕があるわけでも、整備の腕があるわけでもありません。まあ、人と話すときに多少知ったかぶりする程度です。そんな時ロードスターに乗っているとちょっといい車に乗っているなーと思われるんですが、自分ではよかったというのは買う瞬間までで1週間もすれば、あそこが気に食わない・ここ何とかならんのか!など不平不満が出てきました。まあ、そこらへんのボヤキが記事内容になってしまいます。

買いたい思いはNAロードスターに試乗した時の「ハンドリング」の素晴らしさでした。でもこのNCは車検切れで試乗もできず心はあのNAの時の夢を抱いたまま買いました。

初めは軽からの乗り換えでズータイの大きさに戸惑っていました。車幅が139.5cmから172cmと32.5㎝広くなり、軽から比較すると正直大きすぎるというのが本音でした。乗り心地もライトウエイトというよりは大きなGTカーという感じです。2000㏄で馬力に余裕ができた感はあります。小回りは効かずあのNAの回頭性の素晴らしさは全く感じませんでした。ホイールベースは小さいのでバックではちょっとのハンドル操作ですごく回っている感じはするのですが、前進では回頭性に何か変な感じがします。NAの時のようなひらひら感はありません。普段はカッタルイ感じがして、アッと思ったときに俊敏な感じがして、その差が違和感になっています。

そういえばFR車だからか、1速で急ハンドルを切ったとき(駐車場から右折で出るとき)後輪が唐突に滑ることがあります。いわゆるケツが滑って逆ハンを取っているんです。感覚的にはもうちょっとクイックなハンドリング特性にしてほしかったなーと思います。
ステアリングを35㎝ぐらいにするといい感じになるのかなー。NCロードスターのハンドル径は37cm。NAは確か38㎝径であのハンドリングだった。ボスやステアリングを買ってもエアーバッグをなしにすると、保険料が上がるとのことだ。Autoexeのステアリングにしても少し太くなぐらいだ。最近の新車は小径ハンドルの車も出だしたようだが、そんなことはもっと前から要望はあっただろう。太くするグッズはカーショップにも売っている。日本の規制って(自主規制かな?)運転のしやすさよりも安全よりも、規制のための規制であってお上の感性が低すぎるような気がする。

愛車遍歴(1)

ちょっとキーボードネタがつきた感じですね。若いころ(30歳前後)、仕事で人口3000人ほどの村へ行くことになり、車が必要になりました。その時買ったのが初代シビック(SB1)3ドアハッチバックです。何もわからず友人の勧めのまま(確か40万だったと思います)購入しました。当時は車を持つ生活など考えたこともなく、まあ成り行き上という感じでした。こんな凶器ともいえる道具を日常で使い、運動神経もなく下手くそな運転でも「運転することが楽しくなる」生活が始まりました。車はいまだにマニュアル車です。初代シビック①からまた新シビック② → CR-X③ → 鈴木カプチーノ④ → マツダロードスターNC1⑤で現在に至っています。

  1. とにかく初代シビックは初めてということもあり車のことは何もわかりませんでした。ただ3ドアハッチバックの格好は好きでした。そして本田宗一郎のいう人の魅力にホンダ車以外は好きになれないというか、選択肢にありませんでした。
  2. バラードCR-Xは1600DOHCにサンルーフ付きという贅沢仕様。ただ半分目を開けたリトラクタブルが魅力だったのに、ボンネットとの境が面一でなく微妙な凹凸があり苦になりました。HONDAの広報誌などを見ても同様に微妙な段差感がありこれがHONDAの限界か?当時は力強い走りに僕にはもったいない感じでした。全体に小さくて、ホイールベースが短く回頭性がよかったというか、ケツの滑りが危険でよかったのかな?
  3. 次にユーノスロードスターに試乗に行って、道路に出た途端その機敏な回頭性にびっくりした。危険な感じがしたがすぐに慣れ、それがすごく魅力的に感じた。FRの良さというのもいいと思った。傲慢な店員の態度(下取りのCR-Xに「こんな車イランと言われた=下取り査定0円どころか廃棄料が欲しいとでも言いかねない感じ)に腹立たしくなり、他の中古店でも3台ほど試乗した。恰好も車としての性能にも魅力を感じた。唯一気になったのは、リトラクタブルヘッドライト。下り坂のカーブでライトを灯していると跳ね上げた目が視界を邪魔をしてコーナーが見づらいのだ。そこでいろんな雑誌で下調べをした。幌車というのも気になった。
  4. この頃は車好きな友人がおり、いろんな車を試乗していた。ホンダのブルドッグと言われたCITY TurboⅡだった。初めてのターボ車で物珍しさがあったし、ディーラーも「どうぞ」って感じで試乗OKだった。喜んで友人と試乗。下り坂でシフトダウンしたら回転数がターボゾーンに入り急加速してびっくりした。でも買うなら新車は無理で(店員の売れているからであろう横柄な態度も嫌だった)した。あのハンドリングを求めて、FRマニュアルかミッドシップを希望していた。
  5. となるとFRマニュアルはスズキカプチーノミッドシップはホンダビート。ビートは普通に走っていても音がうるさい。4000回転あたりでないと走れない感じだった。ミッドシップは原理的にオーバードライブになる気がするが、極めてマイルド。それに見た目、若者限定仕様な感じで特にシートのゼブラ模様は好きになれなかった。それに対しカプチーノは本当に超ライトウエイトスポーツという感じがしました。取り回しの良さはロードスターの比ではなく、カタログでラック&ピニオンの比率を見たらロドスタ15.0でカプチ15.5だったような気がした。比率的にもロドスタの方がクイックでまあステアリングを変えればこのぐらいの差は・・・なんて勝手に考えていた。一応値引きはできないのでCR-X の下取りを上げますとか言われて買っちゃいました。ステアリングはPersonalを選んで多少はクイックになったような気がするが、ロードスタの比ではなかった。でも、永遠に乗り続けたい気がした。定年後も乗っていたが登坂車線の追い越しが5000回転を超えるうるささと、燃料タンクの小ささでパートに出るのに毎週給油しなければならない(20Lだったと思う)という残念さが気になり始めた。

キーボード考(3) Topre Realforce 86U

今までの手にした最高傑作は、東プレ REALFORCE 86U /静電容量無接点/変荷重/86キーです。なんといっても(いつ買ったのか忘れましたが)初めての英語キーボードなんです。英語キーボードは憧れでもありました。どこに憧れたのかな?それはスペースバーが長いこと。次にカナ入力はできないのでキーの数が少なく、カナ表記がないのが格好いいのです。変換はスペースを親指で打ちますので両手の親指が打ちやすい長めのものがいいです。そしてこれは個人的な好みとしてBackSpaceが大きいのがいいです。僕は日本語キーボードを使ってきて誤入力でBSキーを打ったつもりで¥キーを打っていることが多かったです。それでBSキーが¥の位置まで大きい英語キーボードがいいと思ってきました。まぁーEnterキーは日本語キーボードの方が大きいのでこの点は日本語キーボードの方がいいかな。

さてこのキーボード僕の中では一番魅力的なのですが、Corebookを手にしてから意外と使わなくなりました。(デスクトップでyoutubeやTVなどを見ながら、ノートで仕事をするという日常になってきたからでもあります)しかしCorebookを選ぶときは英語キーボードどあること、レイアウトが86Uに近いものを探した結果です。その意味ではCore i5は少々役不足であり、MEMORYも8GBでは不足です。でもこれ以上のもの(15インチ以上)を探すとテンキー付きになってしまします。86Uが僕に与えたものはテンキーレスというのも大きなものです。

人とPCの架け橋はキーボードとマウス(スマホ以降タッチペンも含む)でしょう。この二つの使いやすさはとても重要だと思います。86Uの欠点は大きく重いことぐらいでしょう。これをノート(携帯性)に求めることは無茶ですが、Corebookのキーボードの改良は大いに余地があると思うのです。 

キーボード考(2) FKB91JU

キーボードの選択に大失敗して次のキーボードは大いに研究したつもりです。そして選んだのがFILCOのFKB91JUです。

当時選んだ理由は以下のようなものです。

  1. ドイツcherry社のメカニカルで打ち心地がいい。
  2. テンキーなしの小さめキーボードでありながら、スペースバーが長め。
  3. エンターの右2列はネット上でも批判があったような記憶だが、矢印キーが逆T配列であることがよかった。
  4. Functionきーの横にUSB ポートが2つ(左右)付いているのが便利。

相当考えた末ネットで注文した。喜んで使ってはみたが正直またがっかりした。今度は打ち心地が極めて悪かった。黒軸でリニアーストロークという言葉が打ったこともなくて”いいものだ”と思い込んでいた。ところが実際打ってみると音もなくグニャと沈み込む。それが沼地に足を入れたような滑っとした沈み心地なのです。正直気持ち悪いという印象でした。それでも7000円ほど出して買ったのでがっかりしてもいられない。今度は配列ではなく打ち心地なので、我慢しながら1週間ほど使ってみるとだんだん使い心地が変化してきました。なんとこのヌメッとした感触が苦にならず触り心地がなんとも魅力的に思えてきたのです。不思議なものですね。キー配列は右2列が気になるものの、打ち心地の感触がすごくよくなり、打っているのが楽しくなってきたのです。

それでもう1台注文して、家用と職場用と2台ともFKB91JUにしました。配列のおかしさにも慣れて束の間のFKB91JU時代になりました。多分Windows98(PentiumⅣ)だったと思います。当時はPascalで職場で使うソフト開発に勤しんでいました。365日キーボードをたたいていたような気がします。家でも職場でも同じキーボードというのは、今から考えますと幸せな時代だったと思います。職場ではノートPCを使っている人もありましたが、個人持ちでした。今のようなパソコンを一人1台支給される時代ではありませんでしたからね。

しかしこのFKB91JU時代はわずか5年で終わりました。それは入力できないキーの出現です。コーヒーをこぼしたりはありません。まあキーTOPを外して掃除をしたりしましたが改善されず何度も押したり強く押したりぐらいしか方法は分かりませんでした。するとほぼ時を同じくしてもう1台のFKB91JUも壊れました。スペースキーのスタビライザが壊れグラグラになりました。2台ともちょうど5年ほどで壊れました。寿命かな?それでも5年とは短すぎじゃないのかな。初代Corei7のPCは10年持ちましたよ。

【FKB91JUの良いところ】

  1. フルピッチのテンキーレスで小さい(ちょうどいい大きさ)。
  2. カニカルでも静かで打ちやすい。
  3. キートップの大きさがフルでよい(この時Backspaceを大きくしてほしい気持ちが生まれた)。スペースバーが大きいのはいいことだ。
  4. キーの表面のタッチがスベスベだ。(Corebookも同じ感触)
  5. USBポートがあり、HUB代わりに使えるのはいい。

【FKB91JUの問題点】

  1. 寿命が5年と短すぎ。
  2. Enterの右2列は悪いわけではないが、配置はよくない。
  3. キーボード自体が分厚く手前にキーパッドを置かないと打てない。
  4. 裏面に傾斜をつけるための支えがあるがこれが細すぎて耐性がない。(一つ折れた)寿命が短いのはこういうところにも表れている。恰好重視で安定性・耐性に欠ける。キー表面のスベスベ感はいいと思う。文字が消えなければいいのだが。

 

 

CHUWI CoreBook X

何となく不安のまま使ってきたこのノートPC。今年は6月というのにものすごい猛暑。ニュースでは暑さのため自動車のオルタネータが壊れ部品交換しているという。今まであまり気にせず充電してきたがCrisutalDiskInfoにSSDの健康状態を調べていると温度も表示されている。ついでに充電時間も調べてみた。ある程度負荷をかけながらということで、WIN11にしたので回復ドライブを作りながら充電した。

  1. 充電はACアダプタを使い充電する( typeCはもってない)。
  2. ある程度の負荷をかけるために、USBメモリー(type A)に回復ドライブを作成しながら充電する。

充電時間は2時間58分。じっくり回復ドライブを作っていて、途中で一度キャンセルしてしまったので7割方書き込んでやり直しになってしまった。回復ドライブの作成は結構時間がかかるし(2時間弱ぐらいかな)、途中スリープにしたりPCに触ったりしてみた。今までになく熱い。触れないほどではないが結構熱い。通気口よりもアダプタの挿入口からSSDあたりが特に熱い。ファン音はほとんど気にはならないが充電中のSSDって結構熱いなーっていう感じ。バッテリーがどこにあるのかわからないが底面が熱い。キーボードはほとんど感じないんですがね。CPUはどのくらいの温度だったんだろう。回復ドライブを作るのにSSD付近が熱かったのは見えない充電中のバッテリーが高温になったのでしょうね。ブログを書いているときのSSDの温度は37℃でした。

CHUWI CoreBook X SSDの速度を検査してみた

前回のCristalDiskInfoによるKingstonのSSDに疑問を描き出したら、いろいろと気になりだした。僕の脳裏からHDDはほぼ駆逐されSSDが普通という時代になってきた。HDDは出たー保存のみになった。それもNVMeというSSDがこのPCに決めた理由の一つでもある。NVMeは普通SATAの20倍近い数値をたたき出している。起動が20倍ということはないようで体感はそれほどでもないようだが気にはなる。そこでCristalDiskMarkで測定してみた。

 

多分起動には左上のシーケンシャルReadがものをいうと聞いたことがあるが、1980と722では倍以上違う。2回続けての測定で、裏で何かが動いているわけではない。

このPCに限らないのかもしれないが(数十年ぶりの新品購入で気が動転しているせいか)実際の使い心地とは無関係といってもいい数値の比較だが、数値で出るとそれも倍以上の違いがあると気にはなる。

そういえば最近気になるのはディスプレーを立てた時(使っているときはほとんど触ったりしないが)前後にぐらつくというか、ヒンジ部が弱いような気がする。少なくとも会社で使っているFUJITSUDynabookはもっとぴっしりと立っている。このCoreBookはグラグラする(特にディスプレーを立てた時に感じる)。